FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オートキャンプ」 道具【ランタン】 選び方 ポイント3つ

ランタンを選びます!

普段の生活で“真っ暗"の空間に長時間いることはほとんどないですが、
キャンプ場の夜は真っ暗です。

電源サイトで、電気を引っ張ってきて電灯を灯す方法もありますが…

3つのポイント
■明るさ
■光の色
■デザイン

と、言葉で言うほど簡単ではなく、選ぶのに結構苦労しました。


■明るさ
ルーメン、W(ワット)は完全な相関関係にはない…ため、同一メーカーでは比較できても
異なるメーカーでは比較できない
んですね。
LEDとを数値的に比べようがないみたいです。
光は、様々な要因で感じ方が異なりますので、真っ暗なところで使ってみないと分からない。
でも、買わないとできない…
お店にはサンプルが置いてあって、LEDだと光らせることはできますが、照明器具って
それ自体を見て“明るい”って感じることと、思い描くように周囲を照らすか、は別なんです。
照らす向きもそれぞれです。
なので、ひたすらwebで見て回って、
『このメーカーの中でこれはハイスペックの部類に入る』
を抽出し、
あとは、お店で光らせてみて、直感で…


■光の色
LEDや蛍光灯は、白っぽいものが結構あります。
は、の色です。
我が家は、リビングの照明は全て“電球色”にしています。
落ち着くんですね。
その場の雰囲気に最も影響するのは“光の色”だと考えました。
LEDは、お店でとにかく光らせてみる。もしくは、webに掲載されている写真を見ました。
少なくとも、いかにも“白色LED”っぽいものは排除しました。


■デザイン
デザインというと、いろんな意味を含みますね。
LED、ガソリン、ガスと、燃料(電池)の形状や熱や反射などなど、そもそも全く異なる発想で
作られているので、形も素材も全く違う
のです。
ガソリン式の古くからある金属製のランタンって、とてもカッコいいのですが…
だから、“チープ”な感じがしないか(主観的ですが)、がポイントかもしれません。
それと、デザインは、機能性とも関係があります。
テーブルに置く、吊る、持って移動する…様々なシチュエーションを考えます。
食事中には、テーブルとコンロの2か所には必要だと思います。2個あれば事足りるでしょう。
持って移動する(トイレに行くとか散歩するとか)ものはLEDのみを選択肢としました。子どもが持つ可能性があるので。




ランタンには2種類あります。ザクッと分けると。
の光
LEDの光

この二つです。
蛍光灯もありますが、今のご時世あまり存在感はなさそうです。


の光
」では、ホワイトガソリン、ガス、ロウソクなどがあります。
ガスも、アウトドア用、カセットコンロ用の2種があります(コンロの記事参照)。
ロウソクは、照明としては物足りないですが、ハーブ入りで虫除け効果がある、なんてのもあります。
とにかく、「炎」のいいところは、その雰囲気ですね。色がやさしくて、温かみがある。
逆にいえば、触れば“熱い”。
そして、取扱い、メンテナンスに多少手がかかるでしょう。


◆LEDの光
置いても、吊っても、逆さにしても、大丈夫。なものが多い。
形のバリエーションもとてもあります。
電池、又は、充電池の持ちもよく、たいてい一晩は余裕です(寝るときは消す前提です)。
ただ、“雰囲気”は「炎」とは異なります。
直接見ると、目を刺すような眩しさがあります。
なんといっても、“白い”光を発する種類もいっぱいあります。
熱くならないのは、いいですね。


我が家は、一つづつ購入しました。


⇒「LED
        
Coleman(コールマン) CPX6 クアッドLEDランタン 2000013183




⇒「炎」
     
 ソト(SOTO) 虫の寄りにくいランタン ST-233





まずは、
Coleman(コールマン) CPX6 クアッドLEDランタン 2000013183
ですが、
ランプ4つが合体したような構造です。
本体に、電池を入れると(または充電池に充電すると)、4つのランプに個別に内蔵されている充電池に
充電されます。
なので、1つの大きなランプとして使えるのは当然のこと、4つをそれぞれ本体から取り外して使うことも
できるんですね。
例えば、料理をしていてちょっと暗いな、とか、トイレに行くときに一つ拝借とか、テントに物を取りに
行くとか、ちょっとしたシーンで便利さを感じることができるんです。
合体させて全部を点灯すると、かなりの明るさになるので、中心的に使えます。
ただし、若干改良されましたが、まだLEDランプの白色な感じが強いので、雰囲気は炎とは異なり、あくまで
LEDの光です。

つぎに、
ソト(SOTO) 虫の寄りにくいランタン ST-233
これは、です。
ガスボンベは、「SOTO製」である必要はないです。
“ボー”って、ガスが燃えている音がします。当たり前か…
で、熱いです。当たり前。
周りがパッと温かい空気で包まれます。アナログというか。
落とすと大変なので(壊れる、炎なので危ない)、また、上部は高熱になるので、設置場所を選びます。
2~3時間でガスボンベ1本使いきるような気がします。
虫よけ機能については、まだ実感が無いのでわかりません。
マントルの予備をお忘れなく↓↓






 

more...

スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

tag : オートキャンプ ランタン ランプ SOTO コールマン ガソリン LED

「オートキャンプ」 道具【シュラフ】 選び方 ポイント3つ × 2つのタイプ

このブログは、「キャンプ」をやったことが無いけど、「オートキャンプ」がしたい!
という衝動から、初めて道具を買ったり、場所を決めたりするところからを忠実に
書いているだけです。
道具にも結構お金がかかるので、なるべく無駄なことはしたくないし…
快適に過ごして家族に「また行きた~い!」と言わせることが、
最初のミッションです!


シュラフ聞きなれない言葉でした。
今回オートキャンプをやろう!と思って調べ始めて、
「寝袋」じゃなくて「シュラフ」って言うんだ〜
って、脳みそにインプットされたわけです。

関係ないけど、乳母車って今は何て言うかご存知ですか?
ベビーカーじゃないんです。
バギー!
ドラえもんに出てくる「バギーちゃん」じゃないです...

さて、テントは先日決めたので、次は寝る時に必要なもの。

テントの下には、「グランドシート」を敷き、
テントの内側には、「インナーマット」です。
そして、寝る時は、「マットレス」を敷いて「シュラフ」という順番らしい。

上から言うと、
①「シュラフ
②「マットレス
③「インナーマット←銀色で多少クッション性のある素材。
④「テント自体(床?)」テントを元々構成しているシート。
⑤「グランドシート」←④を保護する。
⑥「ブルーシート」←一番下にさらに自主的に敷きます。

グランドシート」と「インナーマット」は、テントと一緒に買ったので、
あとはマットレスシュラフが必要です。
※メーカーによって呼び方がいろいろあるのでご注意ください。

◆「マットレス」選びのポイント◆
1)断熱性
2)クッション性
3)耐久性

この3つです。普通ですね。

ここではあえて値段はなるべく目を瞑ることに
しました。
テントの中でも、家に居るのと同じように快適に寝る!
これが、目標です。


この3つを決定的に左右するのが、
◆「マットレス」 2つのタイプ◆です。
A)空気を入れて膨らませるタイプ
B)空気を入れないタイプ



これは、迷わず「B)空気を入れないタイプ」
エアーベッドを使っていて、突然「穴」が空いた時の虚しさ、
たまらないです。
ある時、小さな穴が...
でも、当然小さいので急には凹まないんです。
朝起きると、ペッチャンコ!
でも、なかなか「穴」見つからないんですよね。
キャンプ中にそうなったら...
A)は、空気で膨らませることで、断熱性、クッション性を保つ構造になっているので、
空気抜けたらビニールシートを敷いてるようなもんです。


いきなりですが!

★結論★ 「マットレス」はこれを買う!



THERM A REST(サーマレスト)
マットレス RidgeRest SOLite シルバー/セージ ラージ


  

これを選びました。

1)断熱性
断熱性は、
MasakiさんのHP http://outdoor.rash.jp/sleepingbag/010-030.html
↑↑↑こちらを参考にさせて頂きました。
雪の上でも大丈夫?!
でも、夏は暑くてつらいのかな…

2)クッション性、3)耐久性
これも、上級者の方々のブロクや、Amazonなどのレビューを参考ににしました。
地面のゴツゴツを感じにくいか、長年使っていてもクッション性が失われないか。
種類はたくさんありますが、「これだ!」とビビっときました。
いうまでもないかもしれませんが…
テント張ってキャンプをするわけなので、自宅のふかふかの布団やベッドと同じ環境には
ならないことは覚悟です。
イメージ的には、フローリングの上に、ぺしゃんこの布団を1枚敷いて寝る。か、それ以下です。


枚数ですが、
我が家は4人だけど、子供がちっこいので、
私用1枚、妻と子供2人計3名で2枚、つまりマットレスは合計3枚

ラージサイズなので、2枚をくっつけると、母子3人が寝れるくらいになります。
そして、私は一人小島…



「マットレス」の話ばかりになったので、ようやくシュラフです。
シュラフも同じ数です。

「シュラフ」も、3つのポイント×2つのタイプです。

◆「シュラフ」選びのポイント◆
1)断熱性
2)連結できるか
3)メンテナンス性(要は洗濯できるか)

この3つです。


1)断熱性
またも、こちらのブログを参考にさせて頂きました。↓↓↓
http://outdoor.rash.jp/archives/2009/11/post-4.html

まず、自分は“冬にはやらない”と設定します。
(夢は、息も凍る山奥で…なんですが、子供達が小学校に入るまでは無理かな)。
冬に近い春と秋、このシーズンは東京近県でしかやりません(山の方には行かない)。
4月と11月、東京の最低気温の平均は、約10度です。
よって、適正温度5℃以下


2)連結できるか
これは、母と子供2人が一つになって寝られるように、というだけです。
パパは、「蚊帳」ならぬ「シュラフ」の外なので、ママと一緒に寝られれば子供達は安心して寝るわけです。
と、書くと大したことではないのですが、子供たちが寝るか否か、の我が家の絶対条件です。


3)メンテナンス性
メンテナンスというか、簡単に言うと、子供がオネショした時、もっとも被害が無いもの、です。
洗濯機で洗える、のはいいですね。


◆「シュラフ」 2つのタイプ◆
2つのタイプというか、ポイントというか、「マットレス」の合わせて3×2という方式で、
無理やりご紹介しています。
A)形状
B)素材


A)形状
 マミー型」と「封筒型
 「マミー型」とは、ミイラみたいな形です。体にフィットする感じです。
 「封筒型」は、いわゆる封筒の形(長方形)、つまりお布団と同じです。
 断熱性とか、快適性(身動きのしやすさ)とか、重さとか、大きさとか、いろいろ違いがあるようです。
 でも、我が家は、連結できることが条件なので、必然的に?封筒になります。

B)素材
 「化学繊維」と「羽毛」
 温かさだけでいえば、「羽毛」のようです。
 ただ、これも我が家では、簡単に「洗える」が条件なので。
 簡単に洗えるのは、「化学繊維」ですね。
 

★結論★ 「シュラフ」はこれを買う!


(ロゴス)LOGOS スリーピング 丸洗い寝袋フィールダー・2
適正温度:2℃まで
適合胸囲:(約)102cm
総重量:(約)1.65kg
サイズ:(約)幅80×長さ190cm
収納サイズ:(約)直径26×長さ37cm
表素材:モイスポリ
肌面素材:モイスポリ
中綿:ダイナチューブファイバー







 

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

tag : オートキャンプ テント シュラフ グランドシート インナーマット マミー型 封筒型 マットレス ロゴス

「オートキャンプ」 道具【コンロ】選び方 1つのポイント

「テント」の次は、「タープ」…
ではなくて、コンロです。
タープは忘れていて?最後に買いました。

どうやって、選んだらいいのかな??

夜な夜な、皆様のブログを徘徊します。

ポイントが見えてきました。

1)ガスか。か。

これだけです。
上級者の方に「わかってね~」と言われそうですね(汗)

一応補足します。
◆手間をかけるか、手間をかけて違いがあるか?
◆危険性は?
◆道具の量は?
◆初期費用は? ランニングコストは?



違っていたらごめんなさい。
でやることを想像します。

箱に入った(結構かさばる)を出す。
コンロを置く。手(軍手)が真黒
トングでちまちまやるか。
着火剤かバーナーで火をつける。
火が回るのを待つ。
鉄板を置く。
ようやく、調理。肉、焼きます。
なら肉の油が落ちて火が付く
でも鉄板でも、焦げてこびりつく
気づくと火が弱く。追加。
火が強くなりすぎて、肉、焦げる。⇒ 急いで食べる。
すごい煙。
どんどん焼けて、食べるのが間に合わない。
皿が肉であふれます
食べ終わって…
鉄板は冷め。油と焦げはこびりつき
熱湯かけると取れやすいけど。
にかかるとジュッ。
コンロには、炭が。油が落ちてベトベト。
炭の火を消たり、壺に入れないと、コンロは高熱。
子どもが触ると、火傷
炭を炭壺に入れて持って帰り。重い。


これが醍醐味だ!と思う方は ⇒ 

やっぱり面倒他の方法は? ⇒ ガス


我が家は、2歳と4歳の子供がいます。
「あちちだから触らないでね」と言えば、理解はします。
でも、どれが熱いか自分では判断できません。
親のどちらかがトイレへ、もう片方がテントへ物を取りに行っている隙に…
子供の行動は予測不能です。

我が家は、迷わずガスにしました。

全てに通ずる我が家のポリシー?は、
初めてだから1回目を「楽しく」終わらせる!

です。
そして、「また行きた~い!」と言われることです。

雨、風、怪我、虫、汚いトイレ、面倒、重い、暗い、寝られない、遠い…
ホテルに泊まれば出会わないことに、
キャンプでは、いっぱい出会う。
容易に想像されます。
だから、
「もう二度とやりたくない」
と、妻や子供に思われたら終わりなんですね~
私も、同じですし。

コストパフォーマンス。
道具は、炭が安い。5,000円くらい。
ガスは、10,000~15,000円くらい。
毎回かかる燃料とかは、炭が、500円くらい。
ガスも同じくらいでしょうか。

ガスは、燃料だけあればいいですが、
炭は、炭、着火剤、バーナー、トング、壺などでしょうか。



さて、
ガスと決めたら、考えることが2つあります。

◆何口必要か
◆ガスの種類



まず、
◆何口必要か
最低、2口だと思います。
スープなどを煮込む。肉などを焼く。お湯を沸かす。ご飯を炊く。
4種類の調理器具を使うと想像すると、
そっか!
つまり、自宅で料理するのとだいたい同じなんですね。


◆ガスの種類
 キャンプ用の、お椀をひっくり返したような形のもの
  こんなの⇒⇒⇒

 ペットボトルみたいな、自宅で鍋をやるときのカセットコンロ
  こんなの⇒⇒⇒


我が家は、②カセットコンロ用」にしました。


皆様のブログなどより、
カセットコンロ用」は外気温が低いと弱くなる。
・でも、コンロにヒートパネルパワーブースター付き
 且つ、高級なボンベ、で問題なし。
と書いてあります。

カセットコンロ用」のボンぺは、
コンビニでも、スーパーでも
(ほぼ)どこでも買えます!

そして、我が家は、0℃を下回るような環境ではキャンプはしません


で、googleさんにお願いして、検索します。

3つ候補を選びました!


    

※信頼のメーカー
※持ち運びと、風除け、両方を兼ね備えたデザイン
 そして、色が好き
※1万円弱
※ヒートパネル付


    
ソト(SOTO) ハイパワー2バーナー ST-525
※信頼できるメーカー
※2口横並びは、使い勝手がよさそう
※1万円弱
※パワブースター別売


   
ユニフレーム(UNIFLAME)ツインバーナーUS-1900 610305
※信頼のメーカー
※2口並びは使い勝手好さそう
※パワーブースター付
※1万8千円くらい
※かっこいい!!


ユニフレームに、ビビビ!!!

我が家は、だいたいこうやって物を買います。

ちなみに!!

   
ユニフレーム(UNIFLAME) キッチンスタンドⅡ 611784
↑これをセットで買うとバシッと決まります。
 右上の天版のないところに、コンロを置きます。
 マジックテープ4か所で固定します。
 キャシャな割りには、8kgくらいのタンクを置いても大丈夫です!



最後に、
   
イワタニ カセットガスホットプレート【焼き上手さん】 CB-GHP-1

「焼き上手さん」(イワタニ)です。
これは、我が家の古株で、BBQで活躍しています。
風にも強く
鉄板が大きく
テフロンだから掃除も簡単
カセットコンロだから、もちろん自宅でも
とにかくとっても使い勝手がいいのですね。
キャンプでも、もちろん登場しますよ!



 

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

tag : オートキャンプ コンロ カセットコンロ ガス 焦げる 鉄板 ユニフレーム

「オートキャンプ」 道具をどこで買う? ホームセンター? 通販?

オートキャンプって、いろんな道具を買わなければなりません。

でも、種類はいっぱいあるし実物を見たいし、安く買いたいし…

あくまで、東京近郊のご紹介になりますが、ご参考になれば。

ホームセンター、アウトドアショップ
 (郊外の)ホームセンターのいいところは、実物が展示されていることです。
 だだっ広いので、種類もいっぱいおいてあります(ハイシーズン前後だけでしょうか)。
 私の知る限り、傾向があるようです。

 ・ジョイフル本田
  さまざまなメーカー品がバランスよく置いてあります。
  広いので種類も多くて、手に入らないものは無いくらい。
  小さい店舗だと、あまりないので、大規模店に行くといいですよ。

 ・ビバホーム
  キャンプ用品というより、BBQ用が多い気がします。
  「CAPTAIN STAG」が多い気がしました。

 ・ユニディ
  「coleman」が多いです。
  「LOGOS」もちらほら。
  品揃えは多い方で、ハイシーズンは、テントが展示されています。

 ・コーナン
  シーズン終わりに行ったからかもしれませんが、キャンプ用品というより
  BBQが多いですね。

 ・島忠HOMES
  すいません、記憶が…

ここからは、アウトドアショップです。

 ・L-Breath
  新宿の南口にあります。
  「snow peak」のテントが多いです。
  キャンプ用品は1フロアだけだったかな。アウトドア全般があるので、ついつい全フロア見ちゃいます。

 ・さかいやスポーツ
  神保町に点在します。
  テーマごとにお店が分かれているので、ぐるぐるするといいです。

 ・monbel
  メーカー直営店舗ですが、新宿西南の甲州街道から少し入ったところにあります。
  三井プレミアムアウトレットなどにも入っていますね。
  メーカー店のよいところは、親身になっていろいろ教えてくれるところ。


通販
  Amazon楽天、ショップ直営、いろいろあります。
  金額的には、どこも大きな開きは無いかな
  Amazonとか楽天で検索するのが手っ取り早いです。
  あくまでイメージですが、
  ホームセンターより10%くらい安いか、あまり変わらないか…
  メリットは、車へ、家へ運ぶ手間が省けるにもかかわらず、
 送料無料
が多いこと。
  実店舗は「欲しいものの有無は、行かないと分からない」ですが、
  通販はなんでもある。
  逆に、実物を見ないで買うと、イメージと違う…

 ・Amazon  
  言わずと知れた、アマゾンです。
  検索して出てこなかったものは無い気がします(メーカー中止品を除く)。
  特徴は、「次の日届く」ですが、キャンプ用品は動きが悪いのか、
  3~4日かかるものも結構ありました。
  


 ・楽天
  ポイントがたまるので、結構使いました。
  上記のとおり、Amazonが即日率が低いので、金額を比較して安い方で決めました。
  

 あとは、アウトドア系のネットショップで、

 ・ナチュラム
  Amazon楽天、で絞っていったら結果的にここが多かったです。
  5,000円以上で送料無料なので、ここで直接買った方が送料を減らせるかも。
  

 ・E-SPORTS
  ここも、結果的に、でした。


最後に、電気製品ではよく言われていますが、店舗で実物を見て、通販で買う…
バランスが必要だと思います。

  

 

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

tag : オートキャンプ LOGOS 道具 どこ ホームセンター 通販 Amazon 楽天 ナチュラム 東京近郊

「オートキャンプ」 道具【テント】選び方 5つのポイント

キャンプって、何があれば出来るの??

キャンプと言えば、まずはテントですよね!?

前にも書いたとおり、我が家の出会いはLOGOSテントだったんです。

選ぶポイントって、いろいろだと思いますが、何せ全て初めてです。
金額?
機能?
デザイン?
メーカー?

よくわからないので...
我が家で設定した条件は、
1)4人がそこそこ余裕に寝られる
2)初心者なので組立てるのが簡単そう
3)機能性はそこそこ=安め
4)デザインはかっこいいの
5)ある程度知られてるメーカーならどこでも




1)サイズ
寝室が270cm×270cmくらい。
前室がリビング的に使える広さ。具体的には、椅子4つとテーブルとクーラーBOXなどが入るか。

2)組み立ての簡単さ
簡単か...メーカーHP、ブログ、Youtubeなどで、初心者っぽい人が「簡単」と言っていれば、採用!

3)機能
対水圧が1500以上。
ベンチレーションがある。
出入り口がメッシュのみで閉じられる。
※高い確率で予報が雨なら無理してやらないので、耐水性はそこそこで。
※真冬はやらない、暑さや結露は換気で解消。

4)デザイン、5)メーカー
coleman
深い緑と濃い黄土色 → 自然に近い、暗い、キャンプ場ではcolemanだらけ
snow peak
茶系 → シャープ、男らしい、地味
小川キャンパル
茶系 → THEテント、高級感、造形美
LOGOS
ライトグリーン → 鮮やか、オシャレ、紅葉マーク

絞り込んで行くと、一つのメーカー毎に一種類をピックアップできてきます。
「どれを買っても失敗はない」
「失敗から学ぶこともある」

と思い込み...
あとは、直感お財布に相談です。
家でも車でも、直感を信じて失敗したことはないので?!


我が家は結局、最初に一目惚れしたLOGOSで。
neos PANEL ドゥーブル540-L


アーチ型フレームを交差させ強度・居住性を兼ね備えたPANELシステムを採用総重量:(約)17.5kg
組立サイズ:(約)幅290×奥行540×高さ200cm
インナーサイズ:(約)幅270×奥行270×高さ175cm
収納サイズ:(約)長さ74×幅29×奥行29cm
素材:[フレーム]グラスファイバー
   [キャノピー]スチール
   [フライシート]難燃性ポリエステルタフタ 耐水圧1600mm UV-CUT加工
   [インナー]ポリエステルタフタ ブリーザブル撥水加工
   [フロアシート]ポリエステルタフタ 耐水圧3000mm
   [メッシュ]ポリエステル

●2ルームドームテント
●前面はアーチ型フレームを交差させ強度・居住性を兼ね備えたPANELシステム採用
●車体連結も可能 ※車体連結用ジョイント付き(2個)
●ベンチレーション、キャノピーポール付き(2本)
基本を押さえ、キャンプ場に少なくて、なんたって色が綺麗!!


グダグダ言って結局そこかよ...
かなぁ。

あと、グランドシートと、インナーシートは必要なのでセットで買うとお得ですよ〜

でも、どこで買うの??
これはこの後で。


(2017年2月追記 モデルチェンジしたみたいです↓)だいぶお値段が上がってしまいました…軽くなったのかな。
違いとか分かる方いらっしゃいましたら、教えてくださいませ。
     

ロゴス テント neos PANELドゥーブル XL[4~5人用]




 

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

tag : キャンプ テント LOGOS coleman 小川キャンパル snow peak オートキャンプ

「オートキャンプ場」 探す・選ぶ

オートキャンプを始める時に、次に気になるのが、
どこで?
ですよね。

あくまでも、始める前に。。。
ですが、まずは、前にも登場した

        

(2017年2月追記)2016年版が出てますね。どれくらいかわってるのか、まだ未確認です・・・
         
首都圏から行くオートキャンプ場ガイド2016 (ブルーガイド情報版)



ここから出発しました。

オートキャンプ場をかなり網羅した一冊です。
こんなところに、こんな感じのオートキャンプ場があるのか~
ってなことが分かってきます。
でも、もっといろいろ知りたいと思い始めてしまいます。


次に、行きたい県・エリアの名前とオートキャンプ場でググってみます
いろんな方がまとめられたHPがあるんですね。
でも、キャンプ場名と住所だと、一つ一つ調べるのが結構大変
見れば見るほどだいたい同じ場所に出合います。

楽天トラベルとか一休とか、簡単に検索できるサービスは存在しないみたい。

ふと、google mapで「キャンプ場」と検索してみます。
おっ、新しいカテゴリーが・・・
自治体が運営しているキャンプ場が結構あるんですね。
竜ケ崎市、我孫子市、さいたま市などなど。
安いし。
ただ、
現地へ申し込みにいかなきゃいけないとか、
一週間前までに予約しなきゃいけないとか、
シャワーがないとか、
制約も多いみたいです。

ふと、大事なことに気づきます。
初めてだし、つらいのはやめよう。
google mapだと、どの辺に多く集まっているのかが一目瞭然です。
片道1時間以内で行ける場所に絞っていきます。

ふむふむ

ようやく、いくつか絞りました。

「今度の3連休についにデビューだ!」
ドキドキしながら予約モードに入ります。

げっ!!

なんと、みんな予約でいっぱい…

そうなんです、
考えれば当然ですが、
行楽シーズンはキャンプ場もいっぱいなんですね~

あえなく、いきなり頓挫。
結局、雨でだめだったんですけど(めちゃくちゃ天候に左右されます)。

雨が降ったらキャンセル料が無料になるところもあるので、
予約前に要チェックです。


さて、次の週末に再度照準を絞ろう。
と、みんな同じように考えるんですね。
またも、いっぱい。

先を読めない自分を反省しつつ、ややトーンダウン。

でも、我が家はいつもの必殺技を持っています。
そうです。
当日キャンセル狙い!

今まで何度も、前日・当日予約で乗り切ってきたわけで。



作戦?どおり、空いてました!
ついにデビューです!!

前置きがずいぶん長くなってきてしまいました。
次は、どんな道具を買ったか…
を書いてみます。



 

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

tag : オートキャンプ キャンプ場 キャンセル 首都圏

「オートキャンプ」 準備・予算(初期費用&ランニング費用)

「オートキャンプ」って、とにかく必要なものがいっぱいあるんですね。

まずは、もう一度、何が必要か考えよう…

と、それより前に、本当にやるの?? やれるの?

お金は?
どこでやるのか?
道具を買っても、仕舞う場所あるの?
ちっこい子供がいてもできるの?

成田ゆめ牧場1


まずは、どれくらいお金がかかるのか…
webとかで調べると、いい道具がいっぱいあるんです。
でも、当然値段が高い。
ボーナスはもうほとんど残ってないしな。

ざくっと予算感をつかむために、それぞれだいたいの金額を前回のリストからイメージしますと。

■必需品の購入費用■ 
 【寝るものシリーズ】
  ・テント 40,000円
  ・シュラフ 5,000円×3個
  ・シュラフの下に敷くマット 5,000円×3個
 【食事用シリーズ】
  ・コンロ 10,000円
  ・テーブル、椅子 15,000円
  ・食器 5,000円
  ・クーラーボックス 5,000円
 【その他】
  ・ランプ 10,000円

チャリンチャリン音が聞こえそうです…
その他、予備備品、消耗品がいろいろかかりそうなので、


 ⇒合計 13~15万円

新しい一眼レフ買ったばっかりなのに!
結構お金かかりますね。
そうでもないですか?
他の人はどれくらいお金をかけているのでしょうね?

とにかく、家族会議。
まともに言葉がしゃべれるのは大人二人なので、夫婦で話します。

そうだ! 大事なことが!!

上がイニシャルコストだとしたら、ランニングコストも考えなきゃです。
細かくは、この後の、「場所編(仮)」で書こうと思います。


■オートキャンプで毎回かかる費用■ 
 【オートキャンプ場代】 
  だいたい、オートキャンプ場で1サイト(つまり10m四方くらいの場所)を借りるのに
  5~8,000円といったところです(場所や季節によります)。
  つまり、素泊まりのホテルみたいなもんです。

 【交通費】
  東京を中心として、100km圏内に結構オートキャンプ場があります。
  ガソリン代と高速代で往復10,000円くらい ですね。

 【食事代】
  ピンキリです。
  でも、ごはん・パン、おかず(肉とか野菜とか)、
  つまり、毎日の食卓の材料代だけみたいなもんです。
  お酒は、人それぞれかな。
  ただし、燃料代がかかりますね。
  ガスとか、炭とか、薪とか、数百円です。
  燃料=お酒の方は、もっといっぱいかかりますね(笑

 【その他】
  レジャー 花火(場所による、昼間キャンプ場を出て遊ぶのは別)とか…? 
   でも、基本的に夜が来たら自分たちのランプだけが頼りなので、原始人のように寝ます
  お風呂 近所のお風呂に入るか、
   シャワーがあるところは、〝○分△△△円”
みたいな感じです。
  消耗品 ゴミ袋とか、ティッシュとか、全て自己負担ですね。でも、数百円。

 ⇒2万円~2万5千円


なんだぁ
結構、オートキャンプってお金がかかるんじゃん!?

ここからが大事です!

仮に、100kmくらいのところにある
■ホテルや旅館に泊まったら・・・■

大人 10,000~15,000円(我が家はだいたいこんなもんです)
子供 大人の50%~80%
つまり、大人2人と小さい子供2人で
宿泊 30,000~45,000円

旅費 同じく10,000円(どんな処に泊まろうと位置によりますね)

お土産買ったり、なんだりを考えると、
  
 ⇒4万5千円~6万円

つまり、
差額は、25,000~35,000円
6、7回オートキャンプに行くと、最初の費用がチャラになります。



どうでしょうか??

旅行が全部キャンプではないと思うので、
たぶん3年くらいで元が取れる計算かな

年2回、3年間くらい続けられそうスタートしてもよさそうですね。



★参考までに★
キャンプは、天候、体調などに影響される ので、中止率が高くなります。
 キャンセル料も場所によってかかります。

※続けられるか…ですが、
 テントを張っても要は布を1、2枚隔てるといわゆる〝屋外”です。他人も動物もすぐそこに。
  は、そこらじゅうに。見たこともないようなのが… 
 不安な方は、道具をレンタルしてくれるオートキャンプ場で、
 一度体験するといいかもです。


※自動車
 家族3、4人で行くときの道具の量から考えると、
 ミニバン(ステップワゴンとか)以上はないと厳しいです。







 

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

tag : ランプ コンロ シュラフ テント オートキャンプ ホテル 旅館

初めて「オートキャンプ」 入門の前に

BBQって人気ですね。

近くの河川敷に行くと、BBQの人でいっぱいです。

我が家は、下の子がちょこちょこ歩けるようになったので、BBQの次のステップ?
「オートキャンプ」はじめました!

BBQ < オートキャンプ場でキャンプ < キャンプ場でキャンプ < 山奥とかで勝手にキャンプ

簡単な順に、こんな感じでしょうか??

荷物がきっといっぱいになるはずだし、子どもたちには人力の貢献は見込めないし。
まずは、
「車で行くキャンプ」=「オートキャンプ?」
てな感じです。


で? 何から始めればいいの??

上級者の方が纏められている素晴らしいブログ、日記帳に書かれているブログ、
いっぱいあります。
私は、知識がほぼ0の状態から、まずは初めてキャンプ場に行くまで、どんな風に考えて準備したか。
そんなところから綴ってみようとおもいます!

これからはじめる方の参考にでもなれば。
ならないか?

そもそも、きっかけは「ジョイフル本田」
ジョイフル本田に行ったら、LOGOSのテントが展示されていたんです。

かっこいいじゃん!



(2017年2月追記 モデルチェンジしたみたいです↓)
     

ロゴス テント neos PANELドゥーブル XL[4~5人用]




ダッチオーブンとか、コンロとか、いっぱい置いてあって…
頭は既に、山の中でワイルドに仕切っているパパと尊敬する家族。

で、まずは、アウトドアコーナーで一緒に売っていた「キャンプテクニック AtoZ」を購入です。
しっかりマニュアル本が一緒に売られている辺りが、スキがない本田さんです。
          


感想・・・
なるほど!
オートキャンプ場ってのが世の中にあるのかぁ。
なかなか初心者にも扉は開かれているんだねぇ。
買わなきゃいけないものが結構あるな。
結構お金かかりそうじゃん!
でも、家族旅行の度にかかるホテル代を考えると安いのかな。
いやいや、自然と触れ合う時間、家族で協力する時間が、子どもにとって貴重な体験となるのだ。

まずは、どんだけお金がかかるのか、何が必要なのか…
実現性の検証をしてみよう。
細かいことを考えてもやったことないことは分からないので、とりあえず、ザクッと。

■必ず必要なもの■ 
 【寝るものシリーズ】
  ・テント
  ・シュラフ
  ・シュラフの下に敷くマット
 【食べる用シリーズ】
  ・コンロ
  ・テーブル、椅子
  ・食器
  ・クーラーボックス
 【その他】
  ・ランプ

これで、だいたい10万円くらいかな。

webでググるといろんな方のHPで紹介されています。
何を買ったか、おいおい書いていこうと思いますが、今日はここまで。

あと、オートキャンプ場ってどこにあるんだろう?ってことで、ガイドブックを購入。

        
見ているだけで夢は膨らみますね。

(2017年2月追記)2016年版が出てますね↓そろそろ、新しいの買おうかな。
         
首都圏から行くオートキャンプ場ガイド2016 (ブルーガイド情報版)



では、また。



 

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

tag : オートキャンプ BBQ ジョイフル本田 LOGOS テント シュラフ コンロ ランプ

カテゴリ
プロフィール

fukakakei

Author:fukakakei
妻、子ども(ちっこいの)2人。
家族4人でオートキャンプをやってみたい!
と、思い立つ^^

河原でBBQもいいけど…
もっと自然の中で、ゆったり過ごしたい。と。

~イメージ~
冷え込む朝。山奥。息が白い。
木々の隙間から朝日が差し込む。
鳥がさえずる声。
シルバーのカップでhotコーヒーを飲みながら、
ベーコンエッグを焼いていると、
家族がテントから起きてきて、
「パパいい匂い」とほほ笑む。

なんちって。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。