FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オートキャンプ」 道具【ランタン】 選び方 ポイント3つ

ランタンを選びます!

普段の生活で“真っ暗"の空間に長時間いることはほとんどないですが、
キャンプ場の夜は真っ暗です。

電源サイトで、電気を引っ張ってきて電灯を灯す方法もありますが…

3つのポイント
■明るさ
■光の色
■デザイン

と、言葉で言うほど簡単ではなく、選ぶのに結構苦労しました。


■明るさ
ルーメン、W(ワット)は完全な相関関係にはない…ため、同一メーカーでは比較できても
異なるメーカーでは比較できない
んですね。
LEDとを数値的に比べようがないみたいです。
光は、様々な要因で感じ方が異なりますので、真っ暗なところで使ってみないと分からない。
でも、買わないとできない…
お店にはサンプルが置いてあって、LEDだと光らせることはできますが、照明器具って
それ自体を見て“明るい”って感じることと、思い描くように周囲を照らすか、は別なんです。
照らす向きもそれぞれです。
なので、ひたすらwebで見て回って、
『このメーカーの中でこれはハイスペックの部類に入る』
を抽出し、
あとは、お店で光らせてみて、直感で…


■光の色
LEDや蛍光灯は、白っぽいものが結構あります。
は、の色です。
我が家は、リビングの照明は全て“電球色”にしています。
落ち着くんですね。
その場の雰囲気に最も影響するのは“光の色”だと考えました。
LEDは、お店でとにかく光らせてみる。もしくは、webに掲載されている写真を見ました。
少なくとも、いかにも“白色LED”っぽいものは排除しました。


■デザイン
デザインというと、いろんな意味を含みますね。
LED、ガソリン、ガスと、燃料(電池)の形状や熱や反射などなど、そもそも全く異なる発想で
作られているので、形も素材も全く違う
のです。
ガソリン式の古くからある金属製のランタンって、とてもカッコいいのですが…
だから、“チープ”な感じがしないか(主観的ですが)、がポイントかもしれません。
それと、デザインは、機能性とも関係があります。
テーブルに置く、吊る、持って移動する…様々なシチュエーションを考えます。
食事中には、テーブルとコンロの2か所には必要だと思います。2個あれば事足りるでしょう。
持って移動する(トイレに行くとか散歩するとか)ものはLEDのみを選択肢としました。子どもが持つ可能性があるので。




ランタンには2種類あります。ザクッと分けると。
の光
LEDの光

この二つです。
蛍光灯もありますが、今のご時世あまり存在感はなさそうです。


の光
」では、ホワイトガソリン、ガス、ロウソクなどがあります。
ガスも、アウトドア用、カセットコンロ用の2種があります(コンロの記事参照)。
ロウソクは、照明としては物足りないですが、ハーブ入りで虫除け効果がある、なんてのもあります。
とにかく、「炎」のいいところは、その雰囲気ですね。色がやさしくて、温かみがある。
逆にいえば、触れば“熱い”。
そして、取扱い、メンテナンスに多少手がかかるでしょう。


◆LEDの光
置いても、吊っても、逆さにしても、大丈夫。なものが多い。
形のバリエーションもとてもあります。
電池、又は、充電池の持ちもよく、たいてい一晩は余裕です(寝るときは消す前提です)。
ただ、“雰囲気”は「炎」とは異なります。
直接見ると、目を刺すような眩しさがあります。
なんといっても、“白い”光を発する種類もいっぱいあります。
熱くならないのは、いいですね。


我が家は、一つづつ購入しました。


⇒「LED
        
Coleman(コールマン) CPX6 クアッドLEDランタン 2000013183




⇒「炎」
     
 ソト(SOTO) 虫の寄りにくいランタン ST-233





まずは、
Coleman(コールマン) CPX6 クアッドLEDランタン 2000013183
ですが、
ランプ4つが合体したような構造です。
本体に、電池を入れると(または充電池に充電すると)、4つのランプに個別に内蔵されている充電池に
充電されます。
なので、1つの大きなランプとして使えるのは当然のこと、4つをそれぞれ本体から取り外して使うことも
できるんですね。
例えば、料理をしていてちょっと暗いな、とか、トイレに行くときに一つ拝借とか、テントに物を取りに
行くとか、ちょっとしたシーンで便利さを感じることができるんです。
合体させて全部を点灯すると、かなりの明るさになるので、中心的に使えます。
ただし、若干改良されましたが、まだLEDランプの白色な感じが強いので、雰囲気は炎とは異なり、あくまで
LEDの光です。

つぎに、
ソト(SOTO) 虫の寄りにくいランタン ST-233
これは、です。
ガスボンベは、「SOTO製」である必要はないです。
“ボー”って、ガスが燃えている音がします。当たり前か…
で、熱いです。当たり前。
周りがパッと温かい空気で包まれます。アナログというか。
落とすと大変なので(壊れる、炎なので危ない)、また、上部は高熱になるので、設置場所を選びます。
2~3時間でガスボンベ1本使いきるような気がします。
虫よけ機能については、まだ実感が無いのでわかりません。
マントルの予備をお忘れなく↓↓






 



スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

tag : オートキャンプ ランタン ランプ SOTO コールマン ガソリン LED

comment

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
プロフィール

fukakakei

Author:fukakakei
妻、子ども(ちっこいの)2人。
家族4人でオートキャンプをやってみたい!
と、思い立つ^^

河原でBBQもいいけど…
もっと自然の中で、ゆったり過ごしたい。と。

~イメージ~
冷え込む朝。山奥。息が白い。
木々の隙間から朝日が差し込む。
鳥がさえずる声。
シルバーのカップでhotコーヒーを飲みながら、
ベーコンエッグを焼いていると、
家族がテントから起きてきて、
「パパいい匂い」とほほ笑む。

なんちって。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。